TOPへ

キャットフードの選び方について

キャットフードの選び方について

キャットフードといっても、今では様々な種類があります。何気なく買っているものでも、実は愛猫にとってはあまり良くないものだったという事もあり得る事です。
自分で可愛がって育てている家族のようなペットには、いつまでも元気で長生きしてほしいものです。そこで、キャットフードを選ぶ際に注意するべき点を確認しましょう。

 

キャットフードの選び方について

まずほとんどの方は実践していると思いますが、キャットフードの成分表をしっかり確認する事が重要になります。この成分表の最初に『穀類』と記載しているものがありますが、穀類は比較的安価なためキャットフード自体のコストも下げる事が可能です。

しかし、この穀類は実は猫にとってあまりいいものではありません。猫は肉食動物なので、穀類の消化が苦手とされています。そのため多量の穀類摂取は、蓄積されたアレルギー反応などの影響を及ぼしてしまう可能性があります。

 

 

キャットフードの選び方について

猫にとっておすすめなものは、やはり肉成分がメインのキャットフードになります。しかし肉ばかりでは肥満や便秘などの病気の原因にもなってしまうので注意が必要です。一番猫にいいのは、肉がメインでなおかつ野菜も入っている組み合わせのキャットフードだと言えます。肉と野菜の組み合わせで代表的なものが、『カナガン』や『シンプリー』といったキャットフードです。これらは添加物や着色料、穀類などの成分が使われていないのが特徴です。

口コミでも『猫の食いつきがいい』という意見が多くあります。猫にとって一番いいものは、人間でも食べられる安全で安心出来るキャットフードだと言えます。

ウエットキャットフードを選ぶポイント

 

選ぶにしてもキャットフードにはいろいろありますが、ウェットキャットフードもその一つですね。ここではウエットキャットフードの選び方について解説します。

 

選び方は猫の状態や与え方のスタイルにより違います。ウェットキャットフードと一口に言っても栄養を補完するものや一般食、補助的なフードなど与える目的によりいろいろあります。もし、ウェットフードだけずっと食べさせたい時には総合栄養食用のタイプを選択すると良いでしょう。またドライフードと混ぜて与えたい場合には、いろいろな味が楽しめる一般食が良いでしょう。他には好き嫌いをする猫やアレルギーがある猫のケースでは原材料で選ぶと良いですね。

 

また、各ブランドにはオーガニックの原材料のみ使用などそれぞれに特徴があります。各社のこだわりなどを参考に選ぶのも手です。他には病気を予防する事を目的に選ぶのも良いでしょう。また、猫が大好きな人はたくさんの猫に囲まれて生活している人もいますね。そんな人は量の多いキャットフードを選択するのも良いです。猫を飼うという事は癒しをもらえるなどの利点はありますが、やはり悩みも増えますね。エサを何にしようかとか、何を基準に選ぼうかなど。ここを参考にしてみましょう。キャットフード選びのコツはだいたい次の3つのポイントを押さえて選ぶと失敗が無いようです。

 

余計な添加物を加えていないキャットフードであること。

フードに着色して美味しそうに見せる発色剤や防腐剤などの保存料を加えていないものが望ましいです。

穀物不使用であること。

猫は本来肉食獣なので米やコーンや大豆などの穀物は不必要なのです。
猫の消化器官は穀類を上手に消化することができず慢性下痢の原因となってしまうことがあります。
ですからこういった材料を使用していないものを選ぶようにします。

人間が食べるものと同じ品質の材料を使用していること。

厳選された安全な食材を使用して作られたキャットフードは猫の健康のためにもとても重要です。

最近は、こういった条件を充したプレミアムキャットフードも多く発売されています。国産品はもとよりカナダやイギリス、アメリカなど海外から輸入されているものでも高品質で良いものがたくさんあるので愛猫の好みそうなものを色々試してみると良いでしょう。

ちょっとコラム

 

私は数匹猫を飼っているのですが、体格差があり、なぜ体格差があるのか、と考えた結果
子猫だった頃に大人のえさをあげてしまった猫は成長がそんなによくないことに気づいたのです。
我が家の猫は平均して5キロの猫なのですが、その小さい体格の猫は3.4キロなのです。

 

病院の先生いわく「雑種の猫なら3.4キロでも普通だよ」とのことなのですが、
同じ部屋で暮らしているのに体格差があるのは私たち飼い主が与えたご飯の結果だと思ってしまうのです。
ですから、子猫のときにはきちんと子猫用のえさを、大人になったら大人用のえさを、
七歳以上になったらそれ用のえさを与えるべきなのだと思い現在は実行しています。
多頭飼いですと、どうしてもえさを分けるのが難しいと思います。
しかし一匹だけちょっと小さいと不安になってしまいますし、こちらとしてもずっとその猫に対して罪悪感を覚えることになってしまいます。
体格以外には問題がないのですが、もしこの猫が早く死んでしまったときには、やはり私たちがエサに注視していなかったせいだと思ってしまいます。
後悔してしまうよりは出来ることを、お金で解決できることはお金で解決をして、
自分の精神状態をよく保ち、猫の健康も保つことが大事だと考えて、現在はよいエサを与えています。

34歳 M.Y

 

ねこまんま|トップへ
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒