TOPへ

与えたくない4Dミート

与えたくない4Dミート

キャットフードを購入しようと、インターネットで検索等をすると「4Dミート」という名前が挙がります。一見、悪そうにみえない言葉ですが、実はとんでもないものなのです。以前こんなニュースがありました。「キャットフードに動物の死骸が含まれている」という内容です。
とても信じられない話ですが、実はこれが「4Dミート」と呼ばれるものなのです。

カナガン

  • 「Dead(死んだ、死骸)」
  • 「Diseased(病気)」
  • 「Dying(死にかけの)」
  • 「Disabled(障害のある、けがをしている)」

という先頭がDから始まる4つの問題のある材料を示すものです。

 

 

もとはアメリカで使われていたものですが、最近では日本でも注目を浴びている言葉です。日本語では肉副産物と言う表記にもなっています。
主にどんな材料が使われているのかというと、「肉以外の、人間が食べることのできない内臓や頭、骨、毛、蹄など」が使用されているものが4Dミートとなります。食べられる部分は人間の食材として流通しますが、それ以外の部分は廃棄にお金がかかります。そういったものをキャットフードに使用し、少しでも経費削減を狙うというわけです。
ひどい場合は道路等で死んでいる動物も使っているのだとか。「ミンチにして、加工してしまえば分からない」という考えなのでしょう。とてもひどい話ですが、実際に販売されているのも事実です。

 

特に病気の動物からとられた肉や部位は、猫に影響があります。食べたからすぐに、というわけではなく、長期の摂取によって内臓に負荷がかかり、様々な病気の原因にもなりかねないのです。病気でなくても、加工に至るまでの動物の状態も関係していきます。ウジが湧いていたり、悪臭を放っているものを使用する場合もあるのですが加工されてしまってはそれらは目で見て判断できません。可能性がある以上、与えないほうが良いでしょう。
また、4Dミートはアメリカで使用されている肉の基準の中で、最低ランクの9ランクと言われています。これは、7ランク以下は人間の口に入ることがありません。それより2ランクも下の肉なんて、考えただけでも恐ろしいですね。

 

4Dミートのほかにも避けたほうがよいものは「レンダリング」というものもあります
「○○ミール」と表記されているものがこれにあたります。レンダリングとは、やはり人間の食用として使用できない部分を細かくし、加熱処理して有益な脂肪分をとりだすものです。これらは最終的にタンパク質や脂質として、キャットフードに含まれることになります。やはりこれらも良い状態のものを使用していないので、与えるのは避けるべきでしょう。

 

格安のキャットフードを購入する際はまずこれらの表記を確認しましょう。うまく表記を変えて分からないようにする業者もいるので予め調べておくのもいいかもしれません。また、安いからダメというわけではなく、高くても使用していないとは言い切れません。与えるのは飼い主のあなたです。どんなものが含まれているのか、きちんと確かめて安心できるキャットフードを与えましょう。

 

安全と安心のおすすめキャットフードはこちら
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒