TOPへ

初めて猫を飼う方へ|必要な物は?

初めて猫を飼う方へ

動物を飼うのが初めて、犬は飼ったことがあるけど猫は初めて・・・など、猫と暮らす上で大切なことをまとめました。
まずはここに書いてあるグッズを揃えてからねこちゃんを迎え入れてください。

  • 《トイレを準備しよう!》
  • 猫は自分がしたおしっこやうんちに砂をかけて臭いを消すという習性があります。そのため、ペットシートを置いておくだけでは駄目です。猫用の砂とそれを入れる容器を揃えましょう。砂があれば、基本的にペットシートは必要ないです。(ただしシステムトイレは除く)トイレ用の砂は、おしっこをすると固まるものがほとんどです。今は消臭効果の高いものや、自宅のトイレにそのまま流せるものなど、便利な砂があります。粒の大きさも、細かいものから粗めのものまであるので、自分に合ったものを使いましょう。
    猫用のトイレには、システムトイレというものがあります。これはただ砂を入れるのではなく、下の専用トレイにペットシートを敷き、専用の砂を入れるものです。これはおしっこだけが下のシーツに流れ、うんちは砂の上に残るもので、普通の砂よりも長持ちします。おしっこをしてもその場で固まらないので、掃除はうんちを取るだけ。砂の節約にもなりますし、掃除の手間も省けます。また、猫特有の尿の臭いも気にならないので室内飼いには丁度いいです。ですが、それぞれの値段が普通の砂よりも高い、決められたものしか使えないのは少し難点です。
    トイレを準備する際はなるべく1頭につき1つのトイレを用意しましょう。猫は縄張り意識の強い動物なので、同じ場所で用を足すのが嫌な子もいます。普通の砂とシステムトイレを2つ用意するのもいいかもしれませんね。

  • 《安心できる場所を作ってあげよう!》
  • 猫は環境の変化にとても弱い動物です。自分の安心できる場所がなければ強いストレスを感じて、飼い主に攻撃的になったりしてしまいます。子猫の時から飼っている子よりも、少し大きくなってから飼い始めた子では、この場所があるかないかが重要になってきます。
    最初はケージなど、少しせまい場所で様子を見ましょう。テリトリーがあると、猫は安心します。その際にタオルや段ボール、猫用のソファーなど、その子の匂いがつきやすいものを入れておくと、いずれその場所が安心な場所だと認識するようになります。また、猫の脅威になるものは近くで行わないようにしましょう。(大きい音を出す、ほかの動物をむやみに近づける等)高い場所を好む子も多いので、キャットタワーを設置してあげるのもいいかもしれませんね。

  • エサと水を用意しよう!
  • 動物を飼う上で最も優先されるべきはこれです。エサは年齢、健康状態によって適当なものを選んで与えましょう。別の項目に詳しく書いてありますが、与える際は品質も視野に入れておくべきですね。こちらも1頭につき1つが好ましいです。
    水も必ず新鮮なものをたっぷり用意してあげましょう。特にドライフードは水分を奪います。脱水症状にならないよう、エサの近くに置いておきましょう。今はペットボトルを利用して、水が少なくなれば自動で追加されるものや、流れる水など様々な容器が販売されています。猫にあったものを選びましょう。

  • 病院に行こう!
  • ペットを飼う上で重要なのは「自分のペットが今どういう状態なのか」を把握することです。そのためには動物病院で専門的に見てもらうしかありません。これはとても重要で、一見元気そうでも実は悪い部分があったり、逆に心配していたことが特に問題では無かったりなどを知ることができます。猫を全く飼ったことがない人は、獣医に分からないことを教えてもらうのも大切なことです。その際には必要なワクチンも打ってもらうのがよいでしょう。大きくなったら、避妊・去勢もする方はしましょう。

  • キャリーバックを用意しよう!
  • キャリーバックとは、猫を運ぶ際に入れるかごのようなものです。大きさやデザインは様々あるので、自分と猫と相談して購入しましょう。特にキャリーバックは病院に連れていく際に必須アイテムになるので、必ず1つは購入しておきましょう。

  • 爪とぎと爪切り
  • 初めて猫を飼う方へ|必要な物は?

    猫は自分で硬い場所に爪を立てて爪とぎをします。猫を飼う以上、爪とぎを防ぐことはできません。家の壁や柱にガリガリされないように何箇所かに爪とぎを用意しておきましょう。また、どうしても壁や柱で研いでしまう場合は、それを防止するグッズもあるので検討してみるのもいいかもしれませんね。
    伸びて鋭利になった爪は凶器です。飼い主とじゃれているつもりでも手などに深い傷を負ったりして、怪我の原因になります。それだけでなく、家のものに爪を引っ掛けてしまい割れてしまうこともあるそうです。なので、少しずつ爪切りに慣れさせ、怪我をしないようにしておきましょう。爪切りは嫌がる猫が多いので、その際は無理にやらずに動物病院で処置してもらいましょう。

  • たっぷり愛情をそそごう!
  • 猫はマイペースです。性格によってとても差が出ます。人間にくっついているのが大好きな猫もいれば、近寄るのも嫌がる猫もいます。誰でも、ペットと触れ合いたいし、懐いてほしいものです。しかし、猫は「なつく」ということはしません。名前を呼んでも来ないときもあれば、指示をだしても言うことを聞かない場合があります。だからと言って「可愛くない」「愛想がない」などと言って冷たくしたりするのはやめましょう。捨てるなど言語道断です。どんな子であっても、愛情を注げば少しずつ答えてくれます。「私の猫はこういう性格なんだ」と、受け入れ、たくさん愛情を注ぎましょう。そして最期まで、ともに歩んでいきましょう。

 

ねこまんま|トップへ
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒