TOPへ

キャットフードを食べてくれない

キャットフードを食べてくれないときは

キャットフードを食べてくれなくて困った経験がありませんか。
食べてくれないと必要な栄養を摂ることができず健康が心配です。
キャットフードを食べてくれないときは、どうしたらいいのでしょうか。

 

今まで気に入って食べていたのに突然食べなくなることがあります。
そんなときは、製品に微妙な変化があったのかもしれません。
猫には人間にはわからない味、ニオイ、温度などの好みがあります。
製品がリニューアルして若干ニオイや食感が変化している可能性があります。

 

人間にはわからない程度ですが、猫は小さな変化にも気が付いて食べなくなることがあります。
メーカーに問い合わせて確認してみるとよいでしょう。

 

同じエサを長期間与え続けていると飽きて食べなくなることがあります
今まで食べていたエサをいきなりすべて変えてしまうと栄養バランスなどの面で体がビックリするといけないので、
今まで食べていたキャットフードに違うものを少量混ぜて様子を見てみましょう。

 

好みのものが見つかるまでいろいろ試してみてください。
ウェットフードはニオイがわかりやすいので、ニオイに誘われて食欲が増す可能性があります。
ウェットフードばかりだとキャットフード代がかかってしまうし、添加物が気になるので、食欲がないときに与えてみるとよいです。

たまには贅沢なキャットフードを

 

普段は猫の健康のために病院から出ているキャットフードを与えています。
人間でもそうだと思うのですが、自分の好きなものや好きな味のものが食べたいときはあると思います。
それは多分猫でも同じなのではないか、と人間本位で考えてしまうときがあります。

 

 

もしかしたら、猫はこの味を知らないままでもかまわないかもしれない、と思いつつも、
こういう味があることを知らないでいるというのは猫がもし死んでしまったとき残念に思うかもしれない、
とモヤモヤ考えてしまい、年に一回だけなのですが猫の贅沢デーということで市販のものですが、
ちょっとだけ贅沢なフードを与えることにしています。

 

普段は与えないので、最初はニオイを嗅ぐだけでどうしたらいいのか分からなかったようなのですが、
口に入れると食いつきが凄くよいのです。
今までの普通のご飯とは違う食いつきなのです。

 

毎日は与えないよ、特別なときだけだよ、といいながら与えているのですが、
最近はシ◯バをあける音をさせると即効飛んできて期待のまなざしで見てくるのです。
猫にとって、それが楽しみになっているらしく、飼い主としても嬉しいのですが、
違うパッケージを開けたときでもシーバだと勘違いして飛んできてしまうときがあるので、
そういうときは申し訳ないなぁという気分になってしまいます。

高齢用のキャットフード

うちの猫も十歳を越えて、そろそろ高齢猫向けのキャットフードにしようと思っていたのですが・・・
もらってきた十歳以上用のキャットフードの試供品には見向きもしませんでした。
それまで食べていたキャットフードと同じメーカーの同じシリーズのキャットフードなのですが、
餌皿にキャットフードを入れても匂いを嗅ぐだけでまったく口にしませんでした。

 

 

匂いが弱いのか、あまり好きじゃない匂いなのかは分かりません。
匂いを嗅いで食べないということは何か違うんでしょうね。
しかし、十歳以上用のキャットフードの方が健康には良さそうです。
なので何とか食べてくれないかといろいろ工夫しています。
またたびをかけてみたこともあります。
これは一見効果的かと思いましたが、またたびのかかった上の方だけ食べて残りは口にしませんでした。
しらすなどをかけてみた時も同じような感じでした。
猫は鋭いですから、何かが違うと感じているのでしょうね。
なのでしょうがないから今は普通のキャットフードに戻しました。
これからどんどん年を取っていって、いつかは高齢猫用のキャットフードにしなければいけなくなるのと思います。
このままだとその時の移行がとても大変そうなので、何とか少しずつ慣らして行こうと頑張り中です。

アメショーファミリーと過ごして早16年が経過しました。
食い意地の塊軍団である一族は、とにかく食べることに貪欲です。
最年長の16歳の雌猫から、12歳の末っ子と三世代に渡る一族は、一日二度のごはんとおやつタイムのたびに大騒ぎです。
そんな一族が大好きなキャットフードは、サイエンス・ダイエットシリーズです。

 

 

特にヘアーボールコントロールは大のお気に入りで、アダルト、シニア問わずに長年食いつきは変わりません。
猫ブログで流行りのシーバやシンプリーなど、たまに与えてはみるもののあまり食指を示しません。
ひたすらサイエンス・ダイエット一筋の一族です。
アメリカンショートヘアのファミリーなので、やはりアメリカ産のキャットフードが好みなのかと妙に納得です。
ではアメリカ産の別のキャットフードを、と以前に別ブランドのキャットフードをネットで購入しました。

 

 

日本のペットショップではなかなか手に入らず、初めての試みです。
おやつタイムは新聞紙を広げてキャットフードを捲き、同時に群がる一族・・・、というのが我が家のいつもの光景です。
しかし新たなキャットフードへの反応はいまひとつでした。
興味で鼻先を近づけますが、七匹の中で食べたのは二匹だけ。

 

 

別の新聞紙にサイエンス・ダイエットを捲いたところ、七匹全てがサイエンス・ダイエットへ移動し、新参者のキャットフードは破棄する運命となりました。
十数年間、変わらずサイエンス・ダイエットを愛し続ける一族です。

 

食いつきがいと評判!人気キャットフードはこちら
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒