TOPへ

子猫へおすすめのキャットフード

子猫へおすすめのキャットフード

 

子猫は成猫と違い、あごの発達具合や消化器官の発達状態など、生後どれくらいかによって食べれる物が異なります。そこでどのくらいの時期にはどういったものを与えていいのかをまとめてみました。以下を参考に安心・安全なものを探し、子猫を健康に育ててください。

 

《 子猫用ミルク 》
生後間もなくから

 

母親の母乳を与えられない場合に、生後からすぐに摂取できるのが子猫用ミルクです。 粉状のものをお湯で溶かし、哺乳瓶で与える場合と、牛乳のようにそのまま飲める2タイプが売られています。子猫の状態や成長具合によって与えるものを変えるのがいいと思います。与える際は、冷たいままだとお腹を壊してしまうので、人肌程度に温めてから上げましょう。
こで勘違いしないでいただきたいのですが、牛乳は絶対ダメです。猫が分解できない成分が含まれており、下痢の原因になったり、子猫は体力がないので死にいたってしまうことがあります。

 

《 離乳食 》
生後1ヶ月くらいから

 

約1か月経ち歯が少しずつ生え始めると、固形物が食べられるようになります。すぐにドライフードや子猫用と書かれているウェットフードを与える前に離乳食で慣らしてあげましょう。人間の赤ちゃんと同じように、どろどろとしたお粥のようなものが離乳食です。必要な栄養素も含まれています。近くには新鮮な水を用意しておきましょう。猫によってはこの離乳食とともにミルクを飲む子もいるので、量は少し抑えて一緒にあげるのも良いかもしれませんね。当たり前ですが、人間の離乳食は絶対に与えてはいけませんよ。離乳食を嫌がり食べない場合は、ドライフードをお湯でふやかしたものを与えるのも1つの手です。

 

《 子猫用ドライタイプキャットフード 》
生後2ヶ月くらいから

 

子猫用のドライフードは、大人のものよりも栄養価が高く、少量でも成長に必要な栄養が取れるようになっています。1回で食べれる量が少ないので、子猫には数回に細かく分けて与えましょう。子猫用のドライフードは粒が小さくなっています。これは口が小さいこと、噛む力がまだ弱いためです。大人用では大きすぎて食べにくいので、必ず子猫は専用のドライフードを与えましょう。その際、やはり近くに必ず新鮮な水を用意するのを忘れずに。はじめは、新鮮なお水でふやかしてあげてもいかと思います。

 

《 子猫用ウェットタイプキャットフード 》
生後2ヶ月くらいから

 

離乳が終わり、ある程度の固形物が食べれるようになったらウェットフードも与えてみましょう。ドライフードよりも水分が多く柔らかいので食べやすくなっています。ただ、種類が少ないので成猫のようにたくさんの種類から選ぶことは出来ません。ある程度成長したら、大人用のウェットフードを与えてもいいかもしれませんね。。合わせてウェットフードは「副食」と表記されている場合があるので、メインはドライフード、たまにウェットフードというように与えるのがいいと思います。

 

《 子猫用おやつ 》
おやつによるが生後2〜3ヶ月くらいから

 

子猫用のおやつには生後○才~、生後○才までなど、与えられる年齢が表記されているものが多いです。自分の猫に合わせたものを与えましょう。最近では種類も増えてきているようです。ですが、おやつは与えすぎると肥満の原因になります。可愛いからと、与えすぎには気をつけましょう。体重管理は飼い主の責任ですので、与える回数や量には気をつけましょう。しつけの一環としておやつを利用するのもいいです。

 

子猫でも食べれる!人気のキャットフードはこちら
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒