TOPへ

子猫のかかりやすい病気

子猫のかかりやすい病気

子猫は成猫に比べて、身体が未発達な部分があります。そうした理由から、様々な病気にかかりやすくなっています。命に関わる病気も多いのです。小さな命を守るため、少しでも早く気付いてあげてください。そこで子猫特有の病気を、症状とよくある原因についてまとめました。

 

子猫がよくかかる病気

  • 下痢・・・消化不良によって下痢を起こすことがあります。その他にも、細菌性や回虫などによって下痢を引き起こしている可能性があるので長引く場合は動物病院を受診しましょう。
  •  

  • 嘔吐・・・消化不良やグルーミングの際に飲み込んだ毛玉など、吐いてもあまり問題のないものや細菌やウイルスによって引き起こされる嘔吐など、原因は様々です。激しく吐く、何度も吐く、下痢と併発している場合などは、動物病院で診てもらいましょう。
  •  

  • 誤飲による事故・・・子猫はなんにでも興味を示し、危険なものでも舐めてしまう可能性があります。その結果体調を崩したり、場合によっては命の危険もあるので飼い主がきちんと管理をする必要があります。
  •  

  • 骨折・・・子猫はまだ小さく、骨ももろいので、高いとこから落ちた際などに骨折する可能性が高いです。また、誤って足を踏んでしまったりしても同様のことが起こりかねますので注意が必要です。
  •  

  • 目の異常・・・やたらと痒がる、目やにがひどいなど、目の周りに異常がある場合は結膜炎や角膜炎の可能性があります。こういった目の異常を放置していると最悪の場合失明することもあるので、長引くようであれば動物病院を受診しましょう。
  •  

  • ネコ風邪(ウイルス性呼吸器感染症)・・・くしゃみや鼻水、目やに発熱等、風邪の症状が出ている場合は早めに病院に連れて行きましょう。子猫は身体がまだ未発達なので、重篤な症状になるおそれがあります。
  •  

  • ノミ、ダニ・・・痒がって皮膚炎を起こしたり、脱毛の原因になります。重篤な場合は貧血に陥ることもあります。ノミやダニは飼い主の体にもよくありません。

 

 

特に注意が必要な病気

  • 猫伝染性腹膜炎・・・1歳までの子猫の発症率が高い病気です。発熱やおなかの膨らみが見られます。猫同士の喧嘩などで感染することが多く、子猫で発症した場合の致死量は非常に高いです。
  •  

  • 熱中症・・・夏の時季など、熱い場所で過ごす場合は温度に気をつけましょう。子猫は体温調節が苦手なため、重症になる場合があります。嘔吐や痙攣が見られた場合は直ちに動物病院へ連れて行きましょう。
  •  

  • 子猫衰弱症候群・・・生後間もない子猫に発症するもので、急激に体調が悪くなりそのまま死にいたるものです。原因は出産時の低酸素状態が長く続いてしまったため、脳に障害があったためなどが考えられます。
  •  

  • 猫白血球減少症(猫伝染性腸炎)・・・生後3~5ヶ月に最も発症しやすい病気で、発熱や嘔吐を伴います。免疫力も低下するため、他の病気と併発する恐れがあるので、急いで動物病院を受診しましょう。
  •  

  • 猫カリシウイルス感染症・・・くしゃみ、鼻水など風邪に似た症状ですが、肺炎を起こして死に至る場合があります。

 

管理人ねこ郎の飼い猫・ペコちゃんは、子猫の頃迷い猫だったところを保護したせいもあったのか、しばらく下痢が続いていたのでうんちをよく見たらプツプツ切れた細い糸みたいなのがうねうね動いているのを発見しました。それに気付いたのは夜だったのですが、夜間救急を行っている動物病院を探しすぐに連れて行きました。結果は回虫による腹痛・下痢で、虫下(むしくだし)のお薬を出してもらいました。飲ませて1〜2日するとすごく苦しそうに排便をしていたので見てみると、びっくりするくらいゴッソリ虫の死骸がうんちの中に出てきました。それ以来、とても元気なおてんば娘になりましたが、気付いてあげられなければ危なかったかもしれません。

 

少しでも不安をおばえたら、すぐに動物病院へ連れて行ってあげてください。これからもお世話になるので、通いやすい病院を探し、かかりつけの動物病院としてください。私も動物病院の院長先生と知り合いですが、人間の病院の先生より親しみやすいです。ネットで情報を探すのもいいのですが、あまりにも曖昧で間違った情報も多いものです。やはり専門の先生にお聞きした方が、飼う側にも飼われる側にも安心です。迎え入れた小さな命、大切にしてあげてください

 

全国の動物病院の情報はこちらから⇒

 

子猫の時からいいものを。人気のキャットフードはこちらから⇒
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒