TOPへ

子猫のしつけはどうする?

子猫のしつけはどうする?

 

猫だからと言って、自由奔放に家の中で飼っていいというわけではありません。お互いに気持ちよく生活を送るためには、ある程度のしつけが大切です。大きくなってからしつけるのは容易ではありません。子猫のころに、きちんとしつけができるかどうかが鍵です。特に完全室内飼いの人は、猫の安全を守るためにも危険なことをしないようにしつけることが重要です。それでは、子猫のころにどういったしつけが必要なのでしょうか?

 

 

《トイレをしつけよう》

 

小さい頃からどこでもトイレをしていいと覚えさせると、家中が猫のおしっこやうんちで汚れてしまいます。必ず小屋の中などにトイレを置いて臭いをつけさせ「ここがトイレだぞ!」と教えてあげましょう。行動範囲が広くなってきたら、数か所にトイレを置くのもいいかもしれません。

《人食べ物を勝手に食べないようにしよう》

 

食事をしている際に、おいしそうな匂いに猫が寄ってくるかもしれませんが、そこで食べ物を与えてはいけません。猫はおいしいことをきちんと覚えています。食べているものを横取りしたり、机に乗ってきておかずなどを勝手に食べてしまうようになりかねません。人間の食べ物は基本的に猫にとっては毒です。目の届かない場所でねぎ類や香辛料などを口にしてしまった場合は大変な事態を招く恐れがあるので、こういったことをさせないようにしつけましょう。

《人の手を噛んで遊ぶのはやめさせよう》

 

子猫は小さく、ついつい手を使ってじゃれあってしまうこともあるのではないでしょうか。しかし、このまま成長すると「手は遊んでいいもの」と認識してじゃれているつもりでも飼い主が怪我をするほどの力で噛んでくることがあります。加減が分からず噛みついてきたときには遊ぶのをやめさせましょう。また、「痛い!」と声を出すのも効果的です。しかし、全く子猫に触らないというのも、人間に懐かない一つの原因とされているので適度なスキンシップを取ることが大切です。

《他人に慣らそう》

 

家族以外全く触れあってこなかった猫は、来客が来ただけでとてもストレスを感じるようになります。ストレスは猫にとって非常によくありません。体調不良の原因にもなりうるほど、猫はデリケートです。無理に子猫たちを外に連れ出したりする必要はありませんが、宅配や郵便局の人には怖がらない程度に人に慣らしておきましょう。

《爪とぎの場所を覚えさせよう》

 

子猫の時から好きな場所で好きなように爪とぎをさせていると、壁やソファーなどがすぐにぼろぼろになってしまいます。リフォームをしたり、家具を買い替えたりしてもまたすぐにぼろぼろに・・・。そういったことを防ぐためにも、爪を研いでいい場所を教えましょう。段ボールでできたもの、布やひもを巻きつけたものでできたものなど、種類は様々です。いくつか種類を置いて、その子が好きな爪とぎを探してあげるのもいいかもしれません。

 

ねこまんま|トップへ
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒