TOPへ

キャットフード賞味期限と保管方法

キャットフードの賞味期限と保管方法

 

【キャットフードの保管方法】

 

《 ドライフードの場合 》

 

「乾燥しているからそのままで大丈夫!」と思う人もいると思いますが、実は開けっぱなしは一番良くない保存方法です。ドライフードは名前の通り乾燥していますが、湿気や温度によってカビが生えやすくなったり、風味が落ちてしまったりとどんどん品質が悪くなってしまいます。袋のまま、クリップ等で止めるだけではこれは防げません。そこで出来れば袋から別の容器に移しましょう。ジップロックの袋や大きい入れ物に入れるだけでもだいぶ良い状態で保存することができます。その中に乾燥材を入れると尚良いです。また、湿気の少ない場所で保管しましょう。カビの原因になります。カビが生えてしまったキャットフードは猫に与えないでください。ドライフードは温度にも敏感です。冷蔵庫など、極端に寒くなる場所で保存するのは適切ではありません。餌をあげる場所との温度差がありすぎると、品質が悪くなってしまいます。ドライフードに適した保存方法は、湿気や温度差が少なく、別の容器に移し替えて保存する、直射日光のあたらない場所というのが最適でしょう。

 

 

《 ウェットフードの場合 》

 

「冷蔵庫で保存しておけば大丈夫」というのはあまりおすすめ出来ません。人間でいえば、お刺身のようなものなので、開けたらなるべく当日に使い切りましょう。風味が落ちるのはもちろん、冷蔵庫から常温など温度差があったり、湿気が多い場所などで保管すると、カビなどの原因になります。猫の体にも悪いので、2日以上経ったものは捨てるようにしてください。どうしてもという場合は冷凍保存が可能です。解凍するときは冷蔵庫で自然解凍しましょう。レンジで解凍すると味がとても落ちるので猫が食べなくなることが多いそうです。

 

 

【キャットフードの賞味期限】

 

《 ドライフードの場合 》

 

メーカーによって異なりますが、大体ドライフードであれば約1年ほどの賞味期限があります。ただし未開封の状態です。ドライフードの特徴として、未開封状態での賞味期限はウェットフードに比べて短いのですが、開封後は品質がウェットフードより長く保たれるということです。開けてもすぐにすべて使い切るわけではないので、ちょうど食べきる頃と合わせてあるのだど思われます。しかし、保存状態によってはこれよりも早く悪くなる場合があるので、上記のような適当な保存方法でおいしい状態で猫が食べられるように工夫してください。

 

 

《 ウェットフードの場合 》

 

缶詰の場合は約3年、パウチの場合は約2年と長い賞味期限になっています。ウェットフードの特徴として、未開封の場合は賞味期限は長持ちするのですが、一度開封すると一気に賞味期限が短くなることです。数日で本来の味が落ちてしまうので出来るだけ早く、おいしい状態で与えましょう。開封後は消費期限も早いので悪くならないように注意が必要です。

 

 

キャットフードを買ってきて、猫に食べさせるときには、当然賞味期限を気にする方が多いと思いますが、キャットフードの賞味期限はかなり長いので、基本的に賞味期限を過ぎてしまうということはあまり考えられません。特に缶詰のような形のものは、上記のように相当長いです。
商品ごとに多少違うかと思いますが、3年程度は持つケースが多いので、買ったものを食べさせる前に賞味期限が切れるということはまずないでしょう。そうであれば、買い置きなどをしておいても安心です。
1度に大量に購入して、それを家に保管しておいて、順次開封して食べさせていくというやり方でも、よほど1度に大量に買わない限り、3年以内に消費できないということはまずありえないでしょうから。

 

しかし、ここで知っておかないといけないのはそれだけ長い期間の賞味期限が持つのは、まだ中身を開けていないものに限るということです。1度開けてしまうと、劣化スピードが早いので、開けた日に全部食べさせるというのがベストになります。時間が経ってしまったものを与えるのはよくないでしょう。開けるまでは時間に余裕があるが、開けてからは時間に余裕があまりないという違いを、特にキャットフードの場合には覚えておいてほしいと思います。

 

ねこまんま|トップへ
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒