TOPへ

どれを買うか迷ってしまう

プレミアムキャットフードという選択

 

現在では、キャットフードが複数のブランドから販売されているのではないかと考えられています。有名なキャットフードのブランドは、長年にわたり猫を飼う人々から安定的に購入されてきており、注目されているのではないかと思います。安全性の高いキャットフードも多数確立されるようになり購入時には数多くの選択肢が用意されていると認識されているのではないでしょうか。
こうした傾向は、多くの猫を飼育している人々から強い関心が示されるものとなってきておりどのキャットフードを与えるかが適時判断されているのではないかと思います。現在では、海外のキャットフードのブランドも日本国内で売られるようになりこの傾向に拍車が掛けられつつあります。

 

そのため、かつてに比べてよりフードを選択する際に的確なものを取り入れることの重要性が増してきているとみられています。
今後はキャットフードを販売するブランドが、更に多く見受けられるようになると考えられていることからこれまで以上に的確なものを選択して購入することが希求されるでしょう。
猫を飼う人々にとっては現在よりも強い関心や興味がこの一連の動向には示されるうになるのではないでしょうか。


 
高いキャットフード

 

あまり私の周りにはネコを飼っている人はいないと思っていたのですが、最近増えてきました。
その理由は、もしかしたら経済的にちょっと豊かになってきたから以前から飼いたかったペットを
飼えるようになったのか、それとも、私の義理の両親のように、勝手に家に子猫が入ってきたので、
それをいつの間にか飼うようになってしまった、などの特殊な理由など、理由は人によってそれぞれです。
でも、みんな共通して言えることが、キャットフードを与えているということです。

 

キャットフードを購入するなんて高いから、いわゆるネコマンマを与えておけばいいじゃないかと
ペットを飼わない方は思うかもしれません。
私自身も動物には興味がないし、飼いたいとも思わないのでそう思っていました。
その方が安いし、エコにもなると思ったからです。でも、飼い主からしたらそうではないようです。

 

何故猫にキャットフードを与えるのかというと、フンのにおいがそんなにしないからだというのです。
人間は色々な物を食べているから排せつ物が臭いのですが、決まった物ばかり食べていれば
そうはならないのです。確かに赤ちゃんは母乳だけなので臭いはほぼしません。
なので、キャットフードをやる飼い主の心理を初めて知った気がしました。

キャットフード選びで大切にしていること、私の場合は2つポイントがあります。
ひとつ目は「総合栄養食」か、「一般食」か。
「総合栄養食」はネコに必要な栄養素がすべて入っているので、基本的にそれさえあげていればOKというものです。
これに対して「一般食」は、ネコの嗜好性(食いつき)を重視したもので、それだけで栄養を満たすことはできないため、
必ず総合栄養食とともにあげなくてはなりません。
栄養が足りなくて病気などになっては困りますから、私は「総合栄養食」から選ぶようにしています。

 

ふたつ目は、「年齢に適したキャットフードか」。
昔は「子猫用」「成猫用」くらいの区別だったのに、
最近は「1歳まで」「1歳から」「7歳から」「11歳から」「15歳から」などと、
年齢別にラインを設けたキャットフードが増えてきていますよね。

 

以前、うちのネコが膀胱炎にかかったとき、獣医さんに聞いたのですが、
ネコは年を取ると腎臓や尿路の病気になる子が多く、予防のためにも食事に配慮することが大切なのだそうです。
そのとき、うちのネコは8歳だったのですが、獣医さんは「7歳以上用と書かれたキャットフードに替えてください」と言っていました。
ネコも大切な家族ですから、健康を考えた食事を考えてあげたいもの。
このふたつのポイントをクリアしたなかから、食いつきのよいものをあげるようにしています。

辛いお別れの後に思うこと

ちょっとコラム

 

わが家では少し前まで猫を飼っていました。
とても可愛い猫で家族みんなから好かれた本当にいなくてはならない猫でした。
猫だけど猫という感じがしなくて、なんだか自分の本当の子供のような猫でした。
16年ほど生きてくれましたが病気で天国へと旅立ってしまいました。
とても悲しくその猫がいなくなった直後はわたしもどうにかなってしまいそうでした。

 

毎日寂しくて悲しくて後悔ばかりで生きることが嫌になりました。
でも、その猫の亡骸をお寺へ運びお経をあげてもらって、人間と同じように火葬してもらって
お骨をもらって…だんだん仕方がなかったんだと思えるようになりました。
ちょっとしたことでメソメソしていたわたしを家族が時励ましてくれて
情緒不安定なわたしを家族は一生懸命に助けてくれました。

 

そのおかげでようやく立ち直れました。
わたしが立ち直って思ったのは、もっと質が良いキャットフードをその猫に与えていればよかったということでした。
わたしのキャットフードの選び方は猫の年齢に合ったキャットフードで値段もできるだけ手頃なものということでした。
買っていた場所は近所のドラッグストアやスーパーマーケットです。
だけど動物病院で販売しているキャットフードの質が良いということを知ったので今更ながら後悔しているのです。

 

迷ったらコレ!おすすめキャットフードはこちら
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒