TOPへ

飼い主の猫アレルギーの対処

猫アレルギーなのにどうしても猫が飼いたい!どう対処する?

【猫アレルギーの原因】

まず、アレルギーとは特定の物質に対して体が異常に防衛反応を起こしてしまう病気です。
よく聞く花粉症も、スギやヒノキの花粉が体内に入ると、それらは危険なものと認識され体を守ろうとアレルギー物質を攻撃します。その結果、様々な症状を引き起こしてしまうのです。
猫アレルギーとは、猫から生産されるアレルゲンという物質を吸引・摂取することで体の防衛反応が異常に起こってしまうものです。猫はとてもよく毛が抜けます。猫を飼っている以上猫の毛に触れずに生活するのは無理でしょう。実はその毛にアレルギー反応を起こす人が多いといわれています。毛に付着しているフケやそれをグルーミングする際に付着した唾液によってアレルギー反応を起こす人が多く、猫を触っていると症状が出るという人もいます。特に顔や首回りに多いので、頭を撫でたり、顔を近づけるとアレルギーの症状が出やすくなります。

【症状】

それぞれ度合いは異なりますが、主な症状としては以下を発症することが多いです。

  • くしゃみ
  • 喘息のような咳や息苦しさ
  • 鼻水、鼻づまり
  • 目のかゆみ、充血
  • 顔の腫れ
  • 皮膚のかゆみ
  • 胸を締め付けられるような感覚
  • 唇が荒れる

などが症状として現れます。花粉症にも似ているといわれます。これらの症状は猫を飼っている環境ではもちろん、猫の居ない空間でも微量のアレルギー物質が飛沫している場合があるので注意が必要です。

【対策】

猫アレルギーだからと言って、絶対に猫を飼ってはいけない、というわけでもありません。対策をしっかりしていればアレルギー物質を抑えることができます。猫自身からは抑えることができないので飼い主である私たちが対策をしましょう。では、どのような対策方法があるのでしょうか。

 

《手洗い、うがいを徹底する》
手やのどに付着したアレルギー物質が体内に入るのを防ぐために、手洗いうがいはきちんと行いましょう。特に猫を触った後はこまめに行うのが良いです。顔を舐められたり、近付けた際には顔も洗いましょう。

 

《空気清浄機を使用する》
猫のアレルギー物質は花粉よりもさらに小さく、なかなか綺麗にすることはできません。そこで空気清浄機を使用することによって空気中のものを綺麗にし、アレルギー反応を抑えることが出来ます。ただしこの空気清浄機は、花粉以下の小さな物質でも捕集できるようなものを使用しなければなりません。HEPAフィルターと書かれている空気清浄機は細かい粒子も捕集できるという表示なので、こういったものを使用するのがよいでしょう。

 

《カーペットや絨毯には気をつける》
こういったマット類にはアレルギー物質が付着しやすいといわれています。なるべく使用しないようにしましょう。また、使用する場合は掃除や洗濯をこまめに行うのが良いです。

 

《寝具に気をつける》
布団やベッドは、猫がよく寝床にする場所です。また、寝ている間に布団やベッドに付着したアレルギー物質を吸い込んでしまうため、こまめにシーツを変える、天日干しにするなどの対策をしましょう。パジャマにも注意しましょう。

 

《猫のシャンプーをする》
猫のフケが原因となることが多いので体が汚れたらシャンプーをしてあげるのが良いでしょう。しかし、これは嫌がる猫が多いと思うので、その際は体を拭いてあげたり、ブラッシングをしてあげたりする方法もあります。もしシャンプーをする場合は洗いすぎには要注意です。猫は皮膚が弱いので洗いすぎてしまうと逆に皮膚の病気にかかってしまいます。

 

《去勢・避妊をする》
特にオス猫の場合は、自分の縄張りを主張するためにマーキング行為を行います。その際に分泌されるFel d 1 という糖タンパク質がアレルギーの原因となる場合が多いため、それらを防ぐために去勢を行ったほうがよいでしょう。メス猫も同じく避妊をおすすめします。