TOPへ

猫と仲良くなりたい

猫と仲良くなりたい

猫は気まぐれで、自由を好む動物です。犬のように従順ではなく、気が向いたときに人間に甘えてきます。そんな「ツンデレ」と言われる猫ですが、出来る事なら仲良くなりたいですよね。そこで、猫が心を許してくれるにはどうすればよいのでしょうか。

 

 

《NG行動》 猫が嫌がりますよ〜

 

目をじっと見る
どんな動物でもそうですが、目をじっと見つめる行為は敵であるという意味を持ちます。猫は対象が何かを理解するためにこちらをじっと見つめてきますが、可愛いからと言って目を見たまま近づくと威嚇や攻撃をされる可能性があります。猫が慣れている場合以外は、目を見続けるのはやめましょう。特に初めて会う猫には要注意です。

 

大きい声を出す
猫は耳が良いので大きい声が苦手です。猫が近くにいるときは注意しましょう。また、低い声で大声を出すと威嚇されていると思い、怖がって逃げてしまいます。猫に話しかけるときは声を抑えて少し高めの声で話してあげましょう。

 

しつこくする
猫は自由な生き物です。構ってほしい時は自分から寄ってきますが、そうでないときは構うと嫌な顔をされる可能性があります。そこでしつこく構おうとすると嫌がって逃げてしまったり、不機嫌になって猫パンチをくらうこともあるので、猫のペースに合わせてあげましょう。特に子供は猫にかまいすぎてしまう可能性があるので要注意です。

 

目線が高すぎる
猫は自分より大きいものや高い位置にいるものが苦手です。猫に近づく際に上から覆いかぶさるようにすると、猫は恐怖を覚えます。なるべく目線を下げ、ゆっくり近づいてあげましょう。

 

急に抱っこしない
抱っこが嫌いな猫は多いため、無理に抱っこしようとすると嫌がって引っ掻いたりしてしまう可能性があります。特別な用がない場合は避けましょう。

 

 

《OK行動》 仲良くなれますよ〜

 

姿勢を低くする
猫は喧嘩をする際、相手より高い位置にいるほうが有利とされています。そのため、立ったまま近づこうとすると猫は恐怖を感じてしまいます。猫に近づくときはしゃがむなどの低姿勢で、出来る事なら猫と同じ目線まで姿勢を低くして接してあげましょう。

 

ゆっくりした動きをする
バタバタと動いたり、大きな音を出しながら近付くと猫は警戒します。猫のそばに行く時は落ち着いた雰囲気で、ゆっくり近づきましょう。猫は静かな人が好きです。

 

指のにおいを嗅がせる
猫は相手の匂いを嗅いで安心かどうかを判断します。その際に、人差し指を鼻に近付けてあげると、猫のほうからくんくんと匂いを嗅いできます。これは猫同士のあいさつでも行う行為で、これをしてくれる猫は相手を許している証拠になります。この行為をさせてくれない、した後に警戒する場合は無理に近づかないようにしましょう。

 

優しく撫でる
猫は頭、顎、背中を撫でられるのが気持ちいと感じます。まずは頭や顎から少しずつ撫でていき、大丈夫そうなら範囲を広げていきましょう。気持ちが良い場合は目を細めて喉をゴロゴロと鳴らします。

 

おもちゃで遊ぶ
おもちゃが好きな猫であれば、遊んであげると距離が縮まります。このときに興味がない猫に無理に遊ばせようとするのはやめましょう。