TOPへ

キャットフードの種類は?

キャットフードの種類について

 
  • 【ドライフード】
  • 猫の食事として基本的に与えられているのがこのドライフード。よく「カリカリ」と言われているのがこのタイプです。固いので食べる際にカリカリと音がするため、こういう言い方になったのだと言われています。特徴としては、水分の含有量が10%以下で乾燥しているものを指します。大きさは小~中粒のものがあり、味によって色が違うことがあります(例えば野菜味は緑色など)。
    水分量が少ないため保存がしやすく、その固さで猫の歯周病予防にも効果があるとされているそうです。また、栄養価が高く総合栄養食としても使われています。値段も高すぎず、さまざまな種類や味が発売されているので、猫に合わせて与えることができます。同じ味では猫も飽きてしまいますからね。

     

     

  • 【プレミアムフード】
  • こちらはドライフードと同じく、水分の含有量が10%以下のものを指します。しかし、ドライフードとの決定的な差は品質が良いことです。着色料や保存料などの合成添加物が使用されていない、原材料がドライフードよりも高品質なものを使用しているなどがあげられます。人間でいうオーガニックですね。安全性やコストパフォーマンスを考えると、このプレミアムフードがおすすめです。

     

     

  • 【ウェットフード】
  • ウェットフードは水分の含有量が75%以上のやわらかいものを指します。猫缶と呼ばれるものがこれにあたります。最近ではパウチタイプのものも多く販売されていますよね。ドライフードに比べると圧倒的に水分が多いので、ドライフードがうまく食べれない猫にも与えることができます。

     

     

  • 【その他】
  •   ・ミルク
        子猫から老猫まで、幅広く与えることができます。
        粉タイプと液体タイプがあり、メーカーによって味も違うみたいです。
      ・猫草
        主に室内飼いの猫に与えられます。
        猫がこの草を食べることによって整腸作用があるそうです。
      ・おやつ
        真空パックされたささみやかつお、クッキーやジャーキーなど多彩な種類があります。