TOPへ

合成添加物ってなぜ入ってるの?

合成添加物はなぜ入ってる?

添加物が使われる理由は何なのか?安全性は?

 

人間の食品では味や香りをよくするため、美味しさを長持ちさせるためなどの理由で使われますが、気にする人は気にしますね。オーガニック食品や無添加・無農薬なんて言葉をよく耳にします。
キャットフードも同じなのですが、猫のためというよりは、与える側、作る側の都合がいいように使用されています。香料は、猫にフードへの食いつきをよくするため。保存料は、飼い主の手間を少しでも省くため、賞味期限をより長くするために。着色料は、人間の目で見たときに人間基準で美味しそうに見せるため。
猫には関係のない、人間のエゴですね。しかも、あんなに体が小さく人間よりとても弱い存在なのにです。人間が摂取し続けても体には百害あって一利なしというもの。そんなものを摂り続ければ健康に悪影響なのは間違いないですよね。

 

どんな種類の添加物がある?どんな影響が考えられる?

危険と言われている合成添加物の一部を紹介しながら説明していきます。

 

酸化防止剤(保存料)

主にキャットフードの風味や賞味期限を長持続きさせるために使われる。特に、肉系の材料はすぐに酸化して悪くなりやすい。

 

使用される危険な物質:エトキシキン BHA BHT
それぞれ発がん性が認められている。エトキシンは特に毒性が強いため、日本では人の食品への使用は認可されていない。それどころか、人の口に入る植物への農薬としてすら使用が認可されないほど(国外では、一部殺菌剤として使用されている)。定められている量を超えなければ使用可能とされている。

 

没食子酸プロピル
臓器、特に肝臓へ悪影響を及ぼす場合が多い。また、DNAに影響を及ぼし、突然変異を引き起こす場合もある。

 

亜硝酸ナトリウム
強い発がん性が認められている。赤色の着色料としても使用されています。

 

着色料

安価なキャットフードによくある、色とりどりのキャットフード。自然由来の色ならいいのですが、あれは着色してあります。キャットフードは、基本的に加工の際、ある程度熱が加えられるので、着色していないものはほぼ茶色一色です。では、なぜカラフルにするのか?それは、カラフルなのでいろんな素材が入って美味しそう、飽きがこなそうという飼い主目線目的で着色されます。これは、騙されている方、結構多いのではないでしょうか。

 

青色2号
あるウィルスの感応性を高め、感染すると死亡につながることも少なくない。科学的根拠が立証されている。

 

二酸化チタン
発がん性の可能性がある。可能性があるので、与えない方がいでしょう。

 

赤色102号 赤色40号
これは有名ですね。発がん性が確認されていたり、猫のアレルギーの一因となりうる。

 

香料

猫は、嗅覚はいいのですが、味覚はあまり発達してないんです。そのため、フードの匂いで美味しさを判断します。そのため、どんな素材かは書かれてないが、猫の好きそうな匂いをつけます。ということは、素材では食い付きを良くできないということ。悪質な原材料を使用している可能性もあります。大手だからといってネームバリューだけで信じてはいけません。

 

合成サプリメント

キャットフードとして販売するには基準となる成分を満たさなければいけないので、素材では補いきれない栄養素を添加しています。香料同様、悪質な素材を使っていればその分栄養素が低いですね。なので、サプリメントを加え無理やり合格値まで引き上げます。

 

添加物の危険性まとめ

製造原価を下げるため、悪質な原材料を悪びれなく使う。まさに人間のエゴですね。では、悪質な原材料とは一体どういうものなのでしょうか?代表的なものに4Dミートと呼ばれる原材料があります。関連記事に詳しく記載しています。こちらも参考にしてください。

関連記事→与えたくない4Dミート