TOPへ

夏本番!暑さから愛猫を守ろう

夏本番!暑さから愛猫を守ろう

梅雨が明けて、これから夏本番になります。
この時期になると、屋外にいるのが嫌になるほどの暑さになってきますよね。
冷夏ならまだしも、猛暑なら尚更動くのが億劫になります。
そんな熱い夏、自身の飼っている猫に暑さ対策をしてあげるにはどんな方法があるのでしょうか。

 

【猫の標準的な体温】
まず知っておきたいのは猫の平均的な体温です。猫は通常38~39℃が平熱です。
39℃以上で熱があり、40.5度を超えると高熱で危険な状態になります。
逆に38℃以下は低体温のため、それ以上下がらないように急いで毛布などで暖めなければいけません。
猫が夏を過ごす際には、39℃以上にならないように暑さ対策をしなければなりません。

 

【真夏の暑さ対策】
室内飼いの猫の場合、決められた範囲でしか暑さをしのぐことができません。
飼い主が家にいる場合は窓があいてたり、エアコンをつけていたりと涼しい場所が増えますが、誰もいない時間は部屋の中で我慢しなければいけません。
特に夏のお昼は密室では40℃近く気温が上がってしまう可能性もあります。
そうなってしまっては猫は熱中症になってしまいます。
そうならないように以下の対策をしてあげましょう。

 

・エアコン
猫にとって快適な空間は湿度が低く、28℃ぐらいがちょうど良い温度です。
温度を下げすぎてしまうと、猫は丸くなって体を温めようとします。
人間の涼しいと感じる気温は猫にとって寒すぎる場合が多いので気をつけましょう。

 

・水
夏のこの時期、水は必須です。
1か所だけでなく何か所も、たっぷりの水を用意しておく必要があります。
水も室内の温度が高いと温かくなってしまうので、適度に冷たい水を用意してあげましょう。
水道水の場合、水道管が温かくなり冷たい水が出ない可能性もあるのでウォーターサーバーなどの新鮮で温度が適度に保たれているものを与えるのが良いです。
ただし、あまりに冷たすぎるとお腹を壊してしまう可能性があるので注意が必要です。
安全な水を詳しく解説した記事はココをクリック

 

・風通しの良い場所
窓を開けるなど風通しが良いだけでも猫の体感温度は変わっていきます。
完全に締め切った部屋では空気の入れ替えも無いので、熱が籠ったままになってしまいます。
家を留守にしている場合、窓を開けっ放しにするわけにはいかないので、小さな隙間を作ってあげたりして少しでも風が通るようにしてあげましょう。

 

・遮光カーテン
太陽の強い光によって、室内の温度はぐんぐん上昇していきます。
それを防ぐために太陽をしっかり遮断する、遮光カーテンをつけてあげましょう。
太陽の光が当たっていないだけでも、ずいぶん温度が変わります。
遮光性の高いカーテンは、私たちが夜に外に光が漏れないようにするにも役に立つのでつけても損はないのではないでしょうか。

 

・押入れ、お風呂場などの冷たい日陰
押し入れやクローゼットは、比較的湿度が低く、日陰なので温度が低い場合が多いです。
洋服などモノが入っている場合は少しだけスペースを空けてあげましょう。
また、水場であるお風呂場はひんやりしており好きな猫が多いようです。
ただし必ずお風呂の水は抜いておいてください。溺死する猫もいます。
また、食べられては困るもの(石鹸など)はいたずらされないように手の届かない場所に置いておくなどの注意が必要です。

 

・サマーカット
体の毛をトリマーに切ってもらうことで、熱がこもらないようにしてもらう方法です。
特に長毛種は積極的に行いましょう。猫の毛は人間でいう冬の洋服です。
長毛種はコートのようなものです。とても暑いので、夏の間だけはすっきりさせるのもよいのでは?

 

【危険な熱中症の症状】
暑さ対策をしないと、猫は熱中症にかかるリスクが格段に高くなります。
以下の症状が見られたら熱中症を疑いましょう。

 

1.食欲がない
2.ぐったりしている
3.水を飲まなくなった
4.口呼吸(パンチング呼吸)をしている
5.うまく歩けない
6.目の動きがおかしい
7.けいれんを起こしている

 

これらの症状を起こしている場合は猫の体に何かしらの異常が起きている証拠です。
とくに4以降は早急に動物病院を受診しましょう。

 

夏を猫と一緒に乗り切るためには、飼い主の注意が必要です。
いつもより注意深く猫を観察し、何かあれば手遅れになる前に病院で診てもらいましょう。

 

 

ねこまんま|トップへ
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒