TOPへ

猫には安全な水も健康維持に大切

猫が生きていく上で必要不可欠なものは、エサと水です。
水なんて飲めれば何でもいい、と思う人もいるかもしれません。
しかし、人間がとても飲めないような水は、猫にとっても体に悪いものです。最近では水にも良いものが注目されており、猫用のミネラルウォーターも販売されています。
私たちの間でも美容や健康面で水道水ではなくミネラルウォーターを飲んでいる方が多いですよね。
そこで、猫に与える際、水道水とミネラルウォーター、どちらが猫の健康に良いのでしょうか。やはり安全性は変わってくるのでしょうか。比較してみます。

 

水道水とミネラルウォーターの違い
各家庭に流れている水道水というのは、水道業者から供給される水のことを指します。
普通、蛇口を捻って出てくる水は塩素消毒がしており雑菌がほどんどいません。
かといって全ての成分がなくなってしまったわけではなく、ミネラルは含まれています。
この水道水の基準は決められており、日本のどこに行っても飲めることになっています。
しかし「消毒くさい」「おいしくない」という声も聞こえるのでその地域によって塩素の強さにも差があるのかもしれません。

 

ミネラルウォーターは、含まれている成分の濃度によって軟水と硬水に分かれます。
一般的にミネラルウォーターは地下水のことを指し地下から汲み上げられた水を
塩素ではなく過熱や紫外線によって殺菌、消毒するので塩素消毒特有のカルキ臭がしません。
また、ミネラルも豊富に含まれており、物によってはカルシウムも含まれています。
水道水は水道管が夏で気温が熱くなったときに水の温度が高くなってしまったり、冬に寒すぎて水が凍ってしまうこともありますが、
ミネラルウォーターは好きな時に、好きな温度で飲むことができます。
また、好みに合わせて水の硬さを選べるのが魅力的です。

 

 

猫と水道水

それでは、猫に水道水を与えることのメリットとデメリットを比べてみます。

 

まずはメリットです。
水道水は塩素消毒されているので雑菌が少なく、お腹を壊す心配はほとんどありません。
また、水道水に含まれている微量の塩素のおかげで、水飲みの入れ物に長時間おいても雑菌の繁殖を抑えることができます。
水が少なくなっても蛇口を捻れば水が出てくるので買い忘れや不足することがありません。値段もほとんどかからないのも利点です。

 

次はデメリットです
塩素消毒はその水を綺麗にするためなので汚い水はカルキ臭が強くなったり、嫌な味がします。
人間でも嫌な味です。臭いや味に敏感な猫にとってはとても辛いものです。
場所によっては水道管が古く錆だらけであったり、貯水タンクが掃除されておらず不衛生なものから水が流れている場合もあります。
見た目は透明ですが、どこから流れているのかが不明確なので不安です。

 

猫とミネラルウォーター

では、猫にミネラルウォーターを与えることのメリットとデメリットを比べてみます。
ミネラルウォーターはその名の通り、ミネラルが豊富に含まれています。
一部のミネラルは、あまり与えない方がいものも含まれるのでミネラルウォーターを選ぶ際は注意が必要です。
殺菌方法も塩素を使用していないのでカルキ臭が無く、成分も残らないので安心して与えることができます。
デメリットは硬水を与えていると尿路結石になりやすいということです。
硬水は含まれている成分が多いほど、鉄くさいような、苦味がある水になっていきます。
人間にとっては良いものですが、硬水と分類される水の成分は猫にあまり良くないので与えすぎは注意です。
軟水なら問題はありません。

 

その点、猫に一番のおすすめは、RO水(純水)です
軟水硬水の括りはなく、水道水のようなカルキ臭さなどもありません。
人間の赤ちゃんに飲ませるのにも最適な水とも言われています。
ただ、こちらのRO水は、市販ではなかなか入手しにくい水です。
前述した通り、赤ちゃんに飲ませるために西松屋などのベビー用品店などには販売していますが高額です。
また、500mlのペットボトルでの販売が多いので、大量買いする際は非常にかさばります。
そこで、おすめなのが今はやりのウォーターサーバータイプです。
設置の場所は取るものの、水は注文すればすぐ自宅まで届きます。
重い水を購入しに出かけ、長距離を運ぶ必要もなく、手軽に安価にRO水が使用できます。
特にマンションにお住まいの方、重い者を持つのが苦手な女性、車を常時は使用できない方などにおすすめです。
また、人間にとってもいい水で、常に冷水や熱いお湯も使えます。お茶やコーヒーなどに最適。料理に使えばワンランクアップです!
そんないいことづくめのウォーターサーバーも、選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょうか。

 

管理人も使ってる!おすすめの人気ウォーターサーバーはこちらです!


 

 

最近きになる新商品!



乗り換えようか迷っています。こちらを契約した方、もしよければ情報をご連絡ください(^^)

 

 

【悪い水が与える影響】
人間が飲むのに躊躇するような水は、猫にもなにかしら影響があるかもしれません。
例えば、泥水や沼の水には寄生虫や病原体がいる可能性が高く、感染する危険性もあります。
また、工場の近くの水は化学製品などの有害な成分が溶け込んでいる場合があるので、決して安全とは言えません。
これらのことから、安全な水を飲めることがどれほど大切なのかがわかります。

 

 

ねこまんま|トップへ
ねこまんまメニュー&人気記事ランキングへ⇒