TOPへ

猫の病気とキャットフード

腎不全の猫へのキャットフード

 

1歳になる我が家の猫は腎不全を患っています。
その為療法食を食べているのですが、通常のキャットフードよりも
タンパク質とリンの含有量が調節されて少なめになっています。
タンパク質が少ないと美味しくないと聞きます。
なかには飼い主の心配をよそに、全く見向きもしない猫もいるそうです。
我が家の主はロイヤルカナンの療法食を嫌がる事も無く食べていました。
内心ホッとしていたのですが、ある時からパタリと食べなくなってしまったのです。
この病気は食べなくなる事が一番怖いのです。どうしたら食べてくれるかと必死でした。
ドクターズケア・ヒルズ・スペシフィックと様々なキャットフードにトライしてみました。

 

結果、紆余曲折を経て現在はスペシフィックとヒルズのケイディーを半々に混ぜて与えています。
カリカリはロイヤルカナンの腎サポとヒルズのケイディーにレンジアレン(リン吸着剤)を混ぜてみました。
最初はツンとしていましたが、このレシピが今では一番のお気に入りとなりました。
療法食にすると約二倍は寿命が伸びると言われています。
しかし、口に合わないご飯を食べるのは猫にとっても辛い事でしょうし
自分は病気だから少し我慢しよう等と思う訳もありません。
幸いにも我が家では療法食を食べてくれていますが、それが駄目でも落胆する事はありません。
今はレンジアレンを始めとして、腎臓に負担を掛けない為の様々なサプリメントが開発されてきています。

 

現在は食欲もありますが、やがて食べなくなる日もやって来るでしょう。
その時は又、彼女の為に特別なキャットフードを探しだすつもりでいます。

 

チキンアレルギーとキャットフード

 

我が家ではちょっと変わったキャットフードを猫に与えています。
それは、馬肉のキャットフードです。
何故馬肉なのかと言うと、我が家の猫はチキンにアレルギーがあるのです。
最初は原因がまったく分からなかった皮膚の疾患、これがチキンアレルギーだということを知ってから我が家です馬肉のキャットフードを与えています。

 

で、偶然なんですがなんと我が家の犬もチキンアレルギーです。
犬の方は馬肉ではなくカンガルーの肉のドッグフードを与えています。
どちらの子も食欲は非常にあります。
放っておいたら一箱食べてしまうくらいの食欲です。
ただちょっとでもチキン配合のフードを食べると皮膚が荒れてしまうのです。

 

なので、メインのフードの他におやつなんかにも注意が必要です。
とくに猫用の物はチキンが入っている確率が高いです。
なので必ず魚系の物をあげるようにしているのですが、それでもよくみるとチキンが入っていたりしてけっこう大変です。
ならキャットフードもドッグフードも手作りすれば良いのではと思われるでしょうが、
私の手料理はある意味アレルギーより危険なので市販の物をあげるようにしています。
わりとお金はかかりますが、どちらもチキン以外のアレルギーは無いようなのでなんとか頑張っています。

 

心筋症とキャットフード

 

うちの猫は動物愛護センターに保護された猫で
我が家に来た時は毛並みも悪く、鼻水や咳など健康上にちょっとした問題がありました。
現在3歳ですが、2歳の時に心筋症を発症し、現在も毎日薬を服用しています。
キャットフードは以前から「ロイヤルカナンの室内で生活する成猫用インドア」を上げています。

 

このキャットフードの特徴

  • 消化率を高める超高消化タンパク(L.I.P.)を使用し、運動不足による消化不良を抑制する効果があります。
  • 糞便の量と臭いを軽減します。
  • 適切なカロリー含有量で、カロリーコントロールや体重維持に効果があります。
  • 非発酵性繊維と発酵性繊維の組み合わせにより、腸内活動を維持し、毛の排泄を促します。
  • ミネラルバランスが適切に調整されており、健康な泌尿器を維持します。
  • 原材料に関しても、超高消化性タンパク等を使用し、主原料は鶏・七面鳥をベースに天然由来原料を使用し着色料は使用していません。

 

心筋症になった際にかかりつけの獣医さんにキャットフードについて相談したところ
「心臓病用のキャットフードに変えた方が良いですが
ロイヤルカナンの室内猫用なら良いです」とおっしゃっていただけたので、現在もそのまま与えています。
うちの猫も大好きで良く食べ、心筋症を乗り越えて、現在も元気に暮らしています。
今では毛並みも良くなり、友人から「猫ちゃん、毛がとっても柔らかくてすごく良いキャットフード食べさせてもらってるのね」と良く言われます。

 

肥満とキャットフード

 

うちではキャットフードをあげる時に一度にちょっとずつしかあげません。
何故かというと、あげただけ食べてしまうからです。わりと大食漢なんですよね。
なのでダイエットも考えての一度にちょっとずつのキャットフードなのですが、これがまったく痩せる気配がありません。

 

一日二食、しかもけっこう少量なのに痩せないなんておかしいでよね。
痩せるどころか太っている気さえします。
そこでスマホで盗撮してみたのですが・・・餌の入っているプラスチックのケースの蓋を開けて、
その中に顔を突っ込んでバリバリキャットフードを食べている愛猫の姿が映っていました。

 

そりゃ痩せませんよね。

 

普通ならここでケースが開かないようにするとか、届かない場所に置くとかするのでしょうが、
お腹を空かしているというのはどうも可哀想に思えてきました。
盗み食いするほどです、相当腹ペコなんでしょう。
ダイエット経験のある私にはその辛さがとても分かります。
なのでその日からダイエット食に切り替えました。
カロリーは今までのキャットフードの三分の一だということです。
それをプラスチックケースの中に入れておきました。
これならどんなに食べても痩せていくはずです。
長生きしてもらう為にも多少は痩せてくれると良いのですが・・・
今のところまだ変化はありませんが。。。